木製扇ピアス【幸せの扇(紫×藤色×紅梅色×薄紅)】

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円
  • (箱無し)ゆうパケット

    商品をお箱に入れずに、梱包材でお包みして送らせて頂きます。

    全国一律 350円

※5,400円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

木製オーナメント×スワロフスキービーズの異色のコラボレーション。

木の暖かい温もりと、スワロフスキービーズの輝きが耳元を優しく鮮やかに彩ります♪

扇が揺れる度に幸せがやってくる。そんなイメージの幸せの扇が耳元で軽やかに舞います♪

お好みのカラーでお創りする事も可能です♪お気軽にお問合せ下さい。

*イヤリング、樹脂ピアスに変更ご希望の方は、その旨、備考欄にご記入下さい。

扇:約2cm×2cm
本体:5cm(ピアス金具除く)

【和ごころカラー】
◇紫◇
紫草の根を乾燥させた紫根(しこん)と灰汁と酢による低温染の濃艶な紫色。古くから高貴な色として扱われていた。紫草は万葉の時代から恋歌によく詠まれており、特別な感情を表現していました。紅と共に夢のような優雅な世界を表現しています。

◇藤色(ふじいろ)◇
藤の花の色からきた色名で、青みがかった淡い紫色。「若紫(わかむらさき)」とも言う。藤とつく名前の色は人気が高く21色が伝えられている。平安時代から近代にかけて、日本女性に最も愛された色。

◇紅梅色(こうばいいろ)◇
紅梅の花のように、少し紫味を帯びた艶やかな紅色。平安時代の染め色、織り色、重ね色の名称に現れる。

◇薄紅(うすべに)◇
紅花で染めた紅色の淡い色。黄味がちで温かみのある色。